今日は、ダイエットの記録の取り方について書きます。

 

ダイエットをはじめて1か月ちょっとが経過しました。

 

あまり挫折しないでコツコツできているのは、ノートの存在が大きいです。

 

いわゆるレコーディングですが、続けられたのにはコツがありました。

 

それは、雑誌STORYを見てやった方法です。。

 

STORY8月号、「人生最後のダイエットになる!ミア式やせる脳活」

 

この雑誌を私は図書館で読みました。読んですぐ、帰りに書店で買いました。

 

STORYはミセス向けの割にはファッションが多すぎ、かつ流行を追いすぎなので、普段買うことはありません。

 

でも、この記事はとても気に入ったので買いました。

 

最新号なので、貸し出しができなかったからです。

 

その記事について、簡単にまとめます。

 

〇STEP1 自分を知る

 

自分の生活習慣で、どうして太っているのか、を考える。

 

例として「気づけば外食が多い(ママ友ランチ)、」「子供が残したご飯をもったいなくて食べる」など、同じような例が出ていました。

 

自分の体形を知る。体重だけではなく、体脂肪や筋肉量などをちゃんと計測して、危機感を持つ。

 

この記事を読んで、私ははじめて体重計に乗ることができました。(結果77キロ!)

でも、詳細については計測できていません。

 

体重計は買いましたが、機能がついているものではなかったからです。

 

〇STEP2 記録する

 

食生活を記録する

 

いわゆるレコーディングです。あわせて理想的な食事の内容等もありましたが、それは特に目新しい内容ではありませんでした。

 

目標達成度を記録する

 

まず、長期目標を設定する(いつまでにどうしたい)、

理由(例、服をきれいに着こなしたい)、

問題点(子供の食べ残しを食べてしまう)

 

それから、短期目標を設定する(長期目標を設定するための毎日の目標)

これは、ダイエットに関係ない項目もOK

一週間5つ、そのあと1週間ごとに3つ増やしていく。

 

この「短期目標」というのが私の心にドはまりしたのでした。

 

記事ではこの後、ライターさんが実際にこの方法でダイエットをします。

161センチで48キロと、私から見たら夢のようですが、それでも3週間で

3.1キロのダイエット。

食事はちょっと少なすぎるように思いました。

                      

もともとto do list を作るのが好きなタイプの私にはとてもよいと思いました。

 

手持ちのノートが小さめだったのと(雑誌の付録爆!!)

1週間は私には長いので、5日間1クールでスタート。

 

雑誌では食事と体重のレコーディングと、短期目標は別のリストでしたが、

私は1ページに全部書きました。

 

こんな感じです。

 

 

これはサンプル用に紙に書きましたが、実際はB5サイズの無地の薄いノートを使っています。(毎日やることのメニューもちょっと違います)

 

そしてわたしは、毎日のやることリストと一緒にすることで、レコーディングを継続できました。

 

一粒で2度おいしい?効果のようなものでしょうか。

 

STORY式ダイエットのよかったこと

 

何と呼べばいいのかわからないので、STORY式ダイエットと呼びますが、

「ダイエット以外の目標」

「ものすごい小さな毎日の目標」

と組み合わせるのが、私にはとてもよかったです

 

ただのレコーディングはすぐに忘れたりあきたりしたりして、やらなくなってしまいましたが、日々のやることと一緒だと、ちゃんと記録が取れました。

 

手書きのノートに小さな〇が並ぶのがこんなにうれしいとは、。50歳になるまで思いもよりませんでした。

 

また、その目標を増やしていくのもよかったです。

 

ライターさんの目標は「キッチンを今週中に整理する」とか、「姿勢を正す」とか、単純に〇×がつけにくかったですが、私は「有酸素運動を20分以上する」「炭水化物は普通の半分以下にする」「トイレ掃除」など、簡単な項目にしました。

 

記録が取りにくい、続かないとと思っている人には、とてもいいと思います。

 

STORY8月号は、古本でもAMAZONで買えるようなので、興味がある人は探してみてください。