2018年01月の記事一覧

50's Beauty Diary

50代主婦がきれいになるプロジェクト。77キロからのダイエットスタート!

月別:2018年01月
アラフィフの白髪美人発見!

最近、朝できるだけ早くメイクするようにしてます。そうするとプールに行く気が一気に失せるんだけど、とりあえず朝の稼働率?はあがる気がします。

 

息子の受験で頭がいっぱいで、あんまり美容活動できないんだけど、とりあえず一人の時間は美容のことを考える(てか、逃避??もう、明日と明後日、雪かもしれない予想でハラハラしててもしょうがないから!)

 

最近のテーマは受験終了後美容院にいくからの、「白髪問題」と「年とってもキレイな人」ですが、そんなテーマでダラダラネットサーフィンしてたら、すごい人見つけましたよ。

 

ヤスミナ・ロッシさん 

 

 

白髪で、そして61歳!きれいだわ。

 

ずっとモデルさんのようなので、元の素材がよいのだとは思いますが。

 

私が知らなかっただけで、チェックしてサイトを作ってる人は日本でもたくさんいましたよ。

 

この人はいわゆる「ナチュラル派」の人で、

 

〇オーガニック食生活

 

〇コスメはナチュラル、自分で作ったりもする

 

〇瞑想

 

が、美の秘訣だそうです。瞑想か、、私はイマイチ迷走だけど。

 

「何を食べてるか」というのは、サイトによってけっこう情報が違ったりするけど、アボカドとか良いオイル、抗酸化にきく野菜たちなど、ベジタリアンではなく、お肉やお魚もオーガニックで食べてるそうです。

 

ちなみに、きれいな髪は若白髪で、二十代からほぼ真っ白だったとのこと。

 

このサイトの写真がきれいでした。→61歳の水着姿!

 

まあ、私はもうビキニは着なくても良いし。お食事は、おいしそうだしきれいになれそうだけど、日本人で毎日食べる感じではないです。でもアボカドは好きだから毎日食べてもいいな!

 

他のサイトにありましたが、「ハイブランド化粧品は使わない」と断言していて、シンプルなオイルだけどか、スクラブを自分で作ったりとかしてるのは、すごくいいなーと思いました。

 

アメリカ在住の親友、アラフィフ美人のマミちゃんは、「化粧品とバッグだけは、どうしてもブランド物を使いたい」と言っていましたが、日本の同年代の人は大概、バブル時代のブランドの呪いがとけてないと思います。

 

多分、きれいで自分に満足してたら、ブランドとかの付加価値はいらなくなるのかもしれないな、と思います。

 

私も時々、「人の名前が書いてあるバッグとか、化粧品ってどうよ??」と思ったりしますが、まだふっきれてないですねえ。

 

今日の美人シニアモデルのヤスミナさんは、若白髪の時から染めないと決意してたし、「自分に自信」があるんじゃないか?と思います。そして、その「自信」が、輝きに。

 

そして、それこそが私にないものだったりして、、。

 

ヤスミナさん、インスタもやってらっしゃいます。ちょっとアートっぽすぎて、アラフィフの美容探検にはおもしろくないけど、お料理とかも載ってます

 

フォロワーも、15万人もいる!→ここです。

 

 

なんか、ヤスミナさんの美の秘訣は、「心の安定」→「自信」という、素敵なスパイラルにつながっていそうに思います。まずまねできるのは、、、、えーと、アボカド?

 

そんなことを考えました。

 

明日からは息子の受験なので、ブログはしばらくお休みします。

 

週末には祝勝会(または、チクショー!会)をする予定。来週、是非またのぞいてくださいね。

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。

応援いただけるとうれしいです。

 

 

 

にほんブログ村

アラフィフの、ビックリダイエット

今日はご近所ウォーキングの経路にある、図書館にちょっと寄りました。

 

図書館はバスで15分くらいの場所、歩くと30分弱です。

 

仕事をしてるときは、通勤経路から外れていてあまり行く機会がなかったけど、時間ができてからは、おもしろそうな本がいっぱいあって、しかも全部タダっていいな!と思いながら、なぜかいつも雑誌コーナーに長居してしまう、教養というものに欠ける私です、、、。

 

今日も、ダイエットだの受験だののストレスを忘れるために、きれいな写真集とか、旅行エッセイとか、そんなんないかな、、、と思って立ち寄ったのに、なぜまた雑誌コーナーにいるんだ自分!

 

図書館には雑誌「クロワッサン」があってね、その何号か前が「ダイエット特集」だったのを知りました。

 

それを読んでる人がいたから知ったんだけど、「あの人終わったら、私それ借りようかな♪」とか思ってチラチラ見てたら、、、借りて行ってしまった。残念です。全然太ってない人だったのに。不思議だわ。

 

クロワッサンのダイエット特集って、別にミラクルはないのわかってるんだけどね!

 

でも借りたかったのはね!表紙がインパクトあって!

 

こんななの!1月25日号でした。

「何を食べてもやせられる」ですって!? しかも、左側の美人で大きい料理研究家の人が、1.5か月で4.7キロもやせたと書いてある!

 

本は借りられなかったので、アマゾンでのぞいてみました。

 

電子版があって、チラ見できるのはいいシステムだと思いました。

 

キンドルのアプリを入れてる人なら、同様にチラ見ができますよ。

 

チラ見ができたのは、けっこうやせた料理研究家のmakoさんという方で、私は存じ上げなかったのですが、お子さんがたくさんいらして、見た目の通り豪快な!お料理をする人みたいです。

 

でもこの人、大きいけどすごくかわいい。多分実物はダイナマイト系美人なんだと思う。

 

で、ダイエット前の普段の食生活とか、コストコで大買いしてるのも、また楽しそうで!

 

ダイエット自体は、「本当に食べたいものを、食べたいときに食べるだけ」という、私にとっては難易度マックスなメソッドなので、たぶんやらない(てか、できない)気がします。

 

ので、雑誌は買わないのですが、チラ見できてよかった。アマゾンありがとう。。。

 

ダイエット自体より、料理家のmakoさん自体が気になりちょっと調べたら、すごい怖い本出しててね!

 

その名も、「禁断のレシピ」!しかも、やはり大きめの枝元なほみさんとのコラボ本。

 

ちょっとキャッチを転載しますが、

 

もうガマンできない! 魅惑の106,020kcal!
1kgの塊肉を揚げるフライドビーフ(6,150kcal)、味つきご飯をおかずに白いご飯を食べる黒白チャーハン(1,880kcal)、ピーナツバター1本使いきりクッキー(7,920kcal)…。
エダモンこと枝元なほみさんとMakoこと多賀正子さん、人気・実力を兼ね備えた2人の料理研究家が、食欲全開で挑む美味ワールド。
「ええ! ?」と思いながらも一口食べると、もはや引き返せない極上のおいしさが待っています。
名言続出で爆笑の禁断対談、2人の秘密の冷蔵庫、驚愕のコストコ買い出しもお見逃しなく

 

こ、こわいでしょう!

 

ついのぞいてみて、レビュー多くて、しかも評価が高いので、思わずレビュー読んでみたらびっくり!

 

おいしかったとか、アメリカの味とかいう普通の料理本レビューの他に、

 

「怖すぎて、見てるだけ。で、この本は十分ダイエットになる」というコメントが複数!

 

ええー!これ、ダイエット本にもなるのね!?と驚きました。

 

↓表紙からしてこわそうでしょう。商品説明だけでも必見ですので、ぜひ。

 


禁断のレシピ

 

今日の発見は:

 

カロリーとか、代謝とか、更年期とか運動とか、超あたりまえ路線で、やっぱりここなんだ、ブツブツと思ってましたが、

 

カンフル的に

 

〇「なんでも食べていい」という理論を見て、「やっぱ自分にはむいてない」と納得して、原点にかえり粛々とダイエットに精進する

 

〇ビックリ本を見るのが、意外にダイエット効果になると知った

 

ということでした。

 

多分ビックリ本はかなり超過カロリーじゃないと逆効果だと思うので!

 

これなんかもどうでしょう。大昔、ちょっと話題になったサイトで、本にもなりました。

 

Thats why you’re fat – だからデブなんだよ!という意味で、連日連日、すごいハイカロリージャンクフードが載ってる。

 

たとえばこれは、KFCのフライドチキンが上下のベーコンバーガー!

 

ちょっと食いしん坊でも、多分アラフィフのダイエッターはここまで食べなくていいや、、、と思いません?

 

 

でも、サイトはおもしろいです。

 

リンクはここです→This is why you are fat 

 

 

ベーコンとメープルシロップとか、「甘辛」のメニューが多くて、要するに「塩分と砂糖と脂肪」っていうのは、グローバル・スタンダードにデブの仲間なんだわ、ということにも気づけます。

 

ちょっとある種「逆張り」ですが、きれいなお料理本や繊細なデザートの本とかは、ダイエットにはよくないですが、ここまでいっちゃえば、逆にダイエットにいいのかも!?

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。

応援いただけるとうれしいです。

 

 

 

にほんブログ村

アラフィフのダイエットの邪魔をするのは?

昨日は息子の学校の校庭開放当番というお仕事があり、激寒かった!!

 

近所の子供が遊べるように、という趣旨はいいと思うのですが、寒かったのと、学校ではインフルエンザも流行してるので、子供あんまりこなくって。

 

一緒のお当番の人は、受験生のおうちだったので、受験の話ばかりしてて、白髪対策の話きけなかったわー。

 

でも、一人の人は、ストレートのおかっぱみたいなヘアスタイルで、白髪はところどころきらっと出ていたから、きっと染めない派なんだと勝手に納得しました。

 

そんなにおしゃれに凝る人ではなく、メイクもほとんどしてないけど、肩くらいの髪はまっすぐのサラサラだから、白髪みえてもやつれてみえなかった。

 

多分髪はブローしてるか、もとの髪質がまっすぐできれいなんだと思うけど、天然ではきれいなヘアスタイルにならない私は、ちゃんとセットしようと肝に銘じました。

 

そのおかっぱの人ですが、久々に会ったら、少しやせたように思ったので、聞いてみたら:

 

更年期で体調が悪くて、通院中、漢方薬飲んでるけど、食欲があまりなくて、、、、

 

あら大変ねえ、

 

でも、彼女はさらっと言いました

 

でも体重は変わってないよ。なんか、更年期ってあんまりやせないらしいよ。

 

へえ、そうなんだ。

 

私は、日常生活に支障が出るほどの更年期の症状は、いまのところありません。

 

母もそうだったし、姉もわからなかったといってるので、体質だといいな!とは思っていますが。

 

最近、受験ストレス?で、そんなに食べてないのに体重が全然変わらず、いやだとか悲しい以前に、なんだか不思議でした。

 

ママ友に「更年期はやせない」と聞いて気になり、後でネットで調べました。

 

更年期障害そのもの、というよりは、年齢的に、代謝の低下、そしてホルモンの影響でやせにくいとありました。わかってたけど、なんだかやだわ。代謝は知ってたけど、やっぱりホルモンが足りないのね。

 

でも対処法はやっぱり「食事と運動!」で、普通のダイエットとまったく同じ。

 

ちぇっ、、、、やだけど運動増やすしかないか。最近ウォーキングサボり気味だったしな、と思いました。

 

更年期の話をする前に、なんでやせないの?といろいろネットサーフィンしていて、「ストレス」説を見つけました。

 

私は、「ストレスで太る」というのは、ストレスがあるときに食事の内容が悪かったりして太る、ストレスそのもので太るわけない、、と思っていたのですが、どうも「ストレス下にあるときは、体の代謝が正しく働かずに太りやすくなる」という説明もあり、ええー。そうなのか?

 

でもこれの対処法も、「食事と運動!」(こっちは栄養バランスに気を付けて、体を動かしてエンドルフィンを、、みたいな話)

 

昨日の発見は:

 

アラフィフダイエットを邪魔するのは、「代謝、ホルモン、ストレス」(あと弱い自分)

 

対処法はとにかく「食事と運動」

 

ふー。あれこれ探したりモチベ高めたりジタバタしても、このジミーな基本に立ち返るわけですね、、、。(でも、エストロゲンを高める小細工とか、いろいろ調べてみたりする)

 

 

キットカットは昨日ママ友が息子に、とくれました。「きっとカツ!」ってもじって受験のお守りアイテムとしても人気があるらしいですが、私の家の近所では売ってるのを見かけなかったな。みんなに、一袋ずつくれた!

 

日本はクリスマスとかバレンタインだけじゃなくて、受験とか、あとアニメのコラボとか、なんかテーマ別のお菓子のバリエーションが多くて、実はお祭り?もりあげ?好きな国民性なのかもしれないと思います。

 

キットカット、味は好きです。今は食べないけどね。

 

何年も前は「キットカット」でしょ!勝つじゃない!違うだろ~」とか思ってたけど、受験シーズンにもらったら、嬉しくて身に染みました。

 

私は素直になったのでしょうか、ちょっと加齢のせいって気も、しないでもないのですが、、、。

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。

応援いただけるとうれしいです。

 

 

 

にほんブログ村

アラフィフの白髪問題

今日も東京は寒いですが、よく晴れて青い空がきれいです。

 

息子の受験もあと1週間くらいで終わるはず。終わったら美容院に行こうと思ってます。

 

最近、白髪増えた気がする。ストレスでしょうか。

 

20代で働いてたとき、わりと仲良しなおじさんの同僚がいました

(違う部署なので、上下関係はなくて、なんだか友達みたいになっていた)

 

そのおじさんには、よくつるんでる、元同僚で今は同業他社のおじさんの友達がいました。

 

会社も近くて、仲良くランチ食べたり、飲みにいったりしてるのを見かけたことがありました。

 

で、そのおじさんの友達は、目立つような巨デブの人だったんだけど!

 

 

 

私は金融機関で働いていたのですが、海外の株式市場が暴落してちょっとたいへんな騒ぎになった時。

 

おじさんの友達、1週間で10キロやせたんだって!

(その時点で、ちょっといいなーとか思ったのは内緒)

 

それだけじゃなくて!

 

1週間で頭真っ白になっちゃったんだって!

 

そんなことをふと思い出しました。たいして食べてないのにやせないですが、頭だけ真っ白になったらどうしよう、、、

 

さて、白髪問題ですが、私の最も身近にいる美人アラフィフは、染め率100%です。

 

アメリカに住んでるマミちゃんは、30代から白髪が出てきましたが、白髪が嫌いな人なのでずっと染めている。

 

アメリカでは「カットやパーマ」と「ヘアダイ」は別のサービスらしく、ヘアダイは専門サロンに行っていて、マミちゃんいわくカットは日本の美容院の方がいいが、ヘアダイはアメリカのサロンはすごくうまい、、、、けど、激高く、かつ薬品が強い、ときどきしみる、かゆい、、、が、もうヘアダイは一生やめられないそうです。

 

私は「全部染める」のはメンテナンスが大変そうなので、「そのままでいく」か「メッシュをいれる」か考えているところです。

 

そのままでいく!って、潔くていいと思うんだけどね!メッシュって、なんだか三毛猫みたいになってしまいそうだし、、、。

 

かっこいい人もいる。

 

なんと!80代現役モデルのカルメンさん

 

 

カルメンさんの記事はここ→今なお輝く85歳モデル(Naverのまとめ記事です)

 

日本人もかっこいいよ!

 

中尾ミエさん!

 

 

染めないチームのユニット?を作ってらっしゃるそうで、その名もソルトンセサミですって!

 

記事はここです→あえて「白髪」でおしゃれ楽しむ 染めないシニアの選択 生き方も前向きに

 

他にも探すと、日本人でも外国人でも、染めてなくて素敵な人はたくさんいるのですが、それは、髪だけじゃなくて「全部」素敵な人だということに気がつきました。

 

しかも、かなりハイレベルに素敵な人!

 

多分ヘアダイにかける時間分、メイクとか服に気をつかわないといけないとみた。

 

ハッ!イコール、トータルの時間はおなじか!

 

とりあえず、もっと身近なサンプルを、と、超身の回りだけを観察したのですが(私の行動範囲は狭いですが、、、、)

 

染めてない人もたくさんいます。

 

私は、染めないと変だとかは全然思わないけれど、

 

疲れてる人、、、みたいな印象を与えないためには、

 

「セット」だと思いました。

 

アラフィフの皆さんならご存知だと思いますが!白髪はなぜか、うねったり、とび出たりしやすいんですね。

 

朝の通勤時間のウォーキングで、きれいに見える人はみんな髪をセットしてメイクをしてることを発見しましたが、それは「白髪あるなし」は関係ないと思いました。

 

白髪はセットなしだと目立ちやすいから、まずはちゃんとブローするのが大事だと思います。そうしないと、やつれ度がアップするようです。毛の流れだけじゃなくて、「ふんわり」した感じも、白髪があるとやつれ度あがるので、ブローに時間をかける。

 

とりあえず私も、見えてもいいのでセットには気をつけようと思いました。

 

ちなみに、白髪については本当に好みだと思うので、染めても染めてなくてもオシャレになれると私は思います。

 

今日の発見

 

〇白髪を染めないなら、セットは必須!(あと、メークとファッションも気合いいれたほうがいい)

 

でした。

 

明日は日曜日なんですが、午後に息子の学校の「校庭開放当番」!があるのでブログはお休みです。

 

なぜこの時期!?と呆然としましたが、息子の学校は少人数で、かつ、下の学年にきょうだいがいるとそちらにカウントされるので、実はメンバーがものすごく少なくてどうにもなりません。

 

本当はあいうえお順のはずだけど、学年代表の人は気をつかってか、4人のグループは全員受験の、比較的仲良しの人だ!情報交換の場としてきます。

 

(ついでに、白髪対策もきいてきます、、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。

応援いただけるとうれしいです。

 

 

 

にほんブログ村