2017年08月の記事一覧

50's Beauty Diary

50代主婦がきれいになるプロジェクト。77キロからのダイエットスタート!

月別:2017年08月
50代のダイエット 意識して食べる!

ダイエットまだ挫折してません。

でも全然体重変わりません。

 

前にやせてるママ友リサーチで、1)食事の量、2)活動量 について気づいたのですが、もう一個大切なことに気がついたので書きたくなりました。

 

きれいな人とかダイエットの本には「ダイエットは習慣」とか「毎日つみかさね」食べ過ぎたら次の日に調整、とか書いてあって、そういうものかな、と思ってました。

(私はそういうふうにはなれない気がする、、、とも思ってました)

 

そういう人もいるのだと思いますが、

 

身近にはふつーにやせていて、ふつーにきれいで、自分の美とか体型のことばっかり考えてない人の方が多いように思いました。

 

で、ママ友と会ったり、違うママ友とお茶したりしたとき、ふと気づいたのです。

 

それは、「意識の違い」。

 

1)食事と食べ物の人生上の優先順位が高い

 

「食事を楽しむ」

 

「食べることは大事、精神的にも価値がある」

 

こういったことについての、自分の人生の優先順位や重要度が人によって違う。

 

先日カラオケ居酒屋で、子供たちは久々に会ってゲームや動画で盛り上がりましたが

 

うちの息子だけその合間によく食べる。

 

小食ママたちの息子のせいか、息子さんたちもやせてるし、第一遊ぶのに夢中。

 

私はデブですが息子は標準体重。でも、やせではないです。

 

最近成長期でよく食べるので、親に似てデブにならないか心配、

 

「私ダイエットしてるけどなかなかやせないの。

 

息子も心配。こないだみんなで会ったけど、一人でよく食べるのよね」

 

と何気なくいいました。

 

するとママ友は、

 

「もともと食べるのに興味ない人もいるからね」

 

そこで何かがわかりました。

 

みんな生きるために食べるし、好きな食べ物はあると思います。

 

でも、

 

レストランの食べ歩きとか、自分でレシピを研究しまくる、

 

各国料理が大好き、いい素材や調味料を追求する

 

とか、

 

とにかく甘いものでほっとする、ドカ食いが精神安定剤になってる

 

とか、

 

いろんな形の「食べる」があって、いろんな人の「食べること」への心理的な意味がありますが、どんな場合でも、その人の中で「味わうこと」「食べること」の重要性が高いんだと思います。

 

例えば自分の世界を円チャートでわけたら、「食」のパーツが大きいんじゃないかと。

 

そして私はそう。

 

多分、そうじゃない人より食べ物への愛情も感度も依存も、いいこともわるいことも全部大きい。だから食べ過ぎるんだ!

 

でも私は食べることが大好き。

 

ダイエットをちゃんとはじめたのも、そもそもは50歳で人生幸せにしようと決めて、いろいろ自分のやりたいことを考えた時、「食事」は大事な要素の一つでした。

 

私はもっと料理が上手になって、好きな食器にきれいに盛り付けて食べようと思ったし、

いつかはコルドンブルーの教室にも行ってみたいです。(学校じゃなくて、1回のクラスとかでいいけど)

 

食いしん坊のままでいるけれど、どこか修正できないか?

 

2)「食べる」と「やること」をわける

 

ちょうど体重があまり減らなくて、活動量も増やさなきゃと思ってました。

 

息子の友達と居酒屋に行って、「食べたいものを食べない」とか嫌だったけど、

 

それでやせないのもやだなーと思ってたので。

 

で、決めたのは最初の一歩

 

「そこの場所でやること」と、「食べること」が分断できる時はする

 

例えば、

 

「7月の私の誕生日会」に「家族で焼き鳥を食べた」

 

→この時は、私の誕生日に、好きな人が、私の好きな料理のお店に一緒にいってくれた

 

→だから、そこの場所でおいしい焼き鳥を食べることは、一致。

 

でも、

 

「久々に息子の友達とみんなでわいわいやるのに」「居酒屋にいく」

 

→それは、「友達と会う」ために行くので、居酒屋に行って絶対食べたい何かがあるわけじゃない。

 

→ママ友とおしゃべりを楽しむ。みんな小食だから、一緒に枝豆とか豆腐とか食べてればいい。

 

要するに、「いいかげんに食べるのをやめよう」ということです。

 

小学生男子とのお出かけというと、気をつかわないファミレスとかファーストフードが中心になりますが、「適当に選ばない」ことで、食べ過ぎないようにしようと思いました。

 

あとこないだ、小食ママたちは「なんでもいい~適当に頼んで~」とか言うので、

今度は私もやってみようと思います。

 

自分でメニューみたらカロリー高いの頼みそうだから

小食ママと同じものを同じ量食べてればいいんだ!

 

あいかわらずすっごい当たり前で遅いのかもしれないですが、気づいたことを書きました。

 

ダイエットの前、会社員時代から私のランチは外食か好きなものをテイクアウトしてました。

食べるのは楽しみでしたが、本当に食べたいのか、単にクセになってるのか、今日はずっと朝からPCに張り付けで疲れてむなしくなって食欲に転嫁してるんじゃないか、、とか、もっと考えてれば、こんなに太らなかったかも?とちょっと思っています。

 

お昼をすっごく控えたら足りなくてお腹すいちゃって、追加でアボカドを半分いただきました。

 

 

 

ランキングちょっとあがってうれしいです。

自分のがカウントされてるわけじゃないですよね、、、。

まったく参考にならない!と思った人は、殴るつもりでクリックしてください。

 

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

50代のダイエット 50日め 72.5キロ

今日はダイエットの経過報告です。

 

50歳からスタートした私のダイエットは基本的に炭水化物少なめ、レコーディング、できるだけ体をうごかすことで、ハードな内容ではありません。

雑誌STORYを参考にして、5日ベースで記録をとってます。

→ それについての記事はここ

 

 

ダイエットの記録

 

Day 1  77.6  キャ~。。。

   

Day 50 72.5 ←今ココ!

 

あんまり減らなかったな。

 

開始から、-5.1キロ

 

ダイエット・レビュー!

 

私は5日きざみでレコーディングしてるのですが、

 

5日間で「普通に食べる」食事が2-3回あると、あまり体重が減らないような気がします。(前回からの5日間で0.2キロしか減らなかった)

 

この5日間で、ママ友とランチが1回、息子友ママ友とのカラオケ居酒屋(夜)が1回ありました。

 

私は食いしん坊なので、普段気をつけていても、このくらいで痩せないなら困るな!と

戦略を考えてます。

 

ダイエットで役に立ったこと

 

・栄養バランスを整える

 

以前マクドナルドに行くのにメニューを調べた時、

アメリカの事例で「栄養バランスに気をつけて、毎日マックでもやせた」という記事がありました。
それについての記事はここ

 

今まで、ダイエット中の栄養バランスというのは、栄養が足りなくて体調不良を予防するためだと思っていたのですが、他の資料なども見て「栄養素が足りないと、カロリーが少なくてもそれを燃やせないのでは?」と気づきました。(遅い??)

 

そこで、マルチビタミンとアミノ酸をとりはじめました。

 

やせてないので、やせる効果はまだわからないですが、

「イライラしにくい」「疲れにくい」のは実感しました。

 

ダイエットで挫折するのは、イライラしたり、あるいはフラフラになって続かない、ことが多いと思うので、その意味では役に立ってます。

 

・活動量が足りないことに気付く

 

ママ友の生活を聞いて気づいたのですが、「運動」というより「活動量」が足りないと思いました。

 

元々趣味もインドアでダラダラしてるのが好きなのですが、やせるためにもっと動くことにします。(これまた、遅い?)

 

水を飲むようにしていますが、

レモンの炭酸水が好きです。

 

たくさん飲みたいのでマイナーなブランドで安いのにしてみました。

レモンの風味は弱いですが、悪くないです。

 

 

ランキングに参加しました。

誰か見てると思うと嬉しいです。

気付くのが遅いよ!とクリックで教えてください。

 

 

にほんブログ村

50代のダイエット ママ友リサーチ 「活動量」が足りない!

50歳からダイエットしてきれいになりたいブログです。

 

あんまり体重が減らずちょっとイラっ。

 

息子の小学校の夏休みもあとわずか。

 

受験勉強であまり遊べなかったので、最近かけこみみたいに、

息子とママも一緒にランチや夕食の約束がいくつか緊急発生!

(みんな、夏休み全然友達と会ってないよ!に気付きだす)

 

昨日は仲良しの友達3人+弟一人とママたちで、カラオケ居酒屋個室の夜でした。

 

みんな受験するけど違う塾で、夏休み全然会えなかったのです。

 

仲良しママたちともリラックスした楽しい夜でした。

 

ところで小学校のママ友はみんな太っていません。

 

そして、昨日会った友達はみんな、あんまり食べない?

 

保育園の時のママ友は過剰ぎみフルタイムの会社員が多かったのですが、

 

みんなけっこう食べた気がする。

 

小学校のママ友も、フルタイムの会社員は食べる気がする。

 

専業主婦のママはあんまり食べないのかしら?と思っていたのですが、

 

昨日はじっくりライフスタイルを考察してみました。

 

ママ友リサーチ、みんな忙しいのね!

 

1)M子さん(小6男子と高校生の女の子)

 

専業主婦でものすごく細い人。全然食べない人です。

 

低学年からずっと仲良しなので、あまり食べないことは知ってました。

 

たまにイタリアンとかでママランチしても、一食完食したことはないと思う。

 

家族もみんな小食です。

 

だからまず「食べない」

 

運動は、リラックス系のゆるヨガを月2-3回。ストレッチで、運動にはならないと言っている。

 

でも最近さらにやせたようなので聞いたら、東京でも離れている実家のお母さまが骨折されて、少し通って面倒見ている。

 

暑いので夏バテしたかもとのこと。

 

2)Yさん(小6男子一人っ子)

 

パートをしてる主婦。

 

息子は一人っ子なので話があいます。背が高くて体型は普通。

 

この人もあまり基本的に食べない。

 

彼女も少しやせた?ので聞いたら、

 

息子は家でなく自習室で勉強をしたいので、基本的に朝から晩まで塾にいる。

 

昼と夜は、お弁当と買い食いが半々くらい(買い食いが多い塾らしい)

 

自分は暇なので事務職のパートをはじめた。

 

電車をのりかえたくないので、便利な駅まで歩く

 

会社の最寄り駅から会社までも歩く(最近大汗)

 

お昼はお弁当をもってく。

 

夜は旦那さんは残業外食、出張が多いし、息子もいないのでナンカテキトーでやせたかも。

 

 

3)Rさん(小6と小3の男子)

 

今日会った三人のママのなかでは、一番丸い。

 

でも世間的には中肉中背。

 

三人の中ではまあ、食べる方。

 

ここの家は自営業のお父さんはじめ、息子二人がけっこう本気の地域のスポーツチームに入ってる。(パパと息子たちは全員違うチーム)

 

で、ママはそのチームのお手伝いをしてて、地域中を毎日チャリでかけまわっている。

 

旦那さんは自営業で、お昼も家に帰ってきて食べるし、

 

休日は試合とかが多くて、なんだかいつも三食ごはんばかり作っているらしい。

 

料理が多いので食材が必要。

 

いつも、チャリでちょっと離れた業務スーパーに頻繁に買い出しにいく

 

(トマトひと箱とか一度に買うらしい)

 

三人の話を聞いたら、なんだか私が一番ヒマでした。

 

 

ママ友リサーチから気づいたこと やっぱ活動量がたりない!

 

やっぱり、3人話して3人とも

 

・食事が少ない

 

私のダイエット中より、少ないくらい!

 

もともと食べないライフスタイルなのだと思いました。

 

食いしん坊の私、食事をもっと減らすべき?悩みます。

 

 

・活動量が多い!

 

みんな特に運動してるわけじゃないけど、

 

私が一日30分ダラダラジムで泳ぐより、ずっと活動力が多いです。

 

「運動」というより、活動量をもっと増やさなきゃと思いました。

 

高齢出産の人が多くて、みんな40代後半(50乗ったのは私だけ)

 

少ない食事と多い活動量がないと、普通の体形にならないんだ!と痛感しました。

 

私の家からは、よく行くスーパーも駅も激チカ。

 

自転車も持ってません。

 

えーと。まずは家事をもっとがんばり、歩く量も増やしてみよう。

 

スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました という

 

すばらしい本がありますが、アラフィフ主婦はまず隣のママ友の「食事」と「活動量」がすごく参考になりました。

 

今日のお弁当です。

 

こないだは少なすぎてめまいがしたので、肉の下にはご飯がちゃんとひいてあります。

 

お弁当初心者なので、「あるものでパパっとー」とかうまくできないです。

 

 

ランキングに参加しました。

誰か見てると思うと嬉しいです。

よければクリックお願いします。

50代ダイエットの皆さんのブログも楽しみです。


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

メイクをイチから復習! Book review 「必要なのはコスメではなくテクニック」

50歳からきれいになるひとりプロジェクト(ごっこ)のブログです。

 

きれいになるためには、

 

1)ダイエット

 

2)美人になる

 

3)おしゃれする

 

4)その他いろいろ

 

だと思っていますが、そのうち2)の美人化について、とても参考になった本の紹介です。

 

美人化、まずはメイク!

 

プロジェクトのメンターに(勝手にしている)ミミコ先輩に、「どうしたら美人になれますか?」と聞きました。

 

まず最初は「自撮り!」のアドバイスをいただきました。(その記事はここです

 

結果、スマホの中の私は角度や修正アプリの力を借りて、若干きれいになりました。

 

すると、生身もよくしたいな!と思うようになりました。

 

そこで聞いた次なるアドバイスは「メイクしなさい」という、もうすごいダイレクトな直球。

 

ミミコ先輩はたいへん美人なのですが、

 

「顔のつくりとかそういうのはあまり関係ない。とにかく、メイクだ!」とおっしゃいました。

 

そして、私のメイクは薄すぎる!と。

 

なるほど!

 

確かに、

 

「結婚して」

 

「出産して」

 

「仕事をやめて」

 

「50歳になって」

 

の順番で、メイクはどんどん薄くなりました。

 

今や何を使ってどうやってメイクすればよいのかよくわからない。

 

(でも、まだデブでださいからデパートの化粧品売り場とか行きたくない)

 

まずは自習から。本屋で見つけて何気なく手に取ったのは、本当にすばらしい本でした。

 

周囲がざわつく自分になる (←正直、周囲はざわつかなくてもいいですが)

必要なのはコスメではなくテクニック

 

長井かおり

ダイヤモンド社

 

本屋では美容雑誌も一緒に買ったのですが、

そちらは新商品の紹介やパーツメイクばかりでうまく使いこなせませんでした。

 

最近のメイクよくわからない。一からやり直し!の私には、この本の方が良かったです。

 

化粧品の研究やメイクにもしばらく興味がなく、

 

著者のヘアメイクアップアーティストの方は知りませんでしたが、

 

写真をみるかぎり、普通に優しそうなきれいな人だし、

 

アーティストにありがちな、変な視線を外した気どり写真じゃないとこも気に入りました。

 

私はリアル本屋で買いましたが、アマゾンのレビューもわりといいですね。

 

主な内容と良かったところ

 

〇自分を最高に見せるのは、「一種類のメーク」でいい、

そしてまずはテクニック!という最初の主張

 

うんうん、そんなに何通りもできません。揃えられません。

 

そして流行も、年齢も関係ない!素敵です。ついていきます。

 

〇スキンケアのポイントは「つや」そして、それを実現する化粧品の使い方

 

化粧品の塗り方とかくわしく書いてあります。

 

この人のさらに素敵なところは「値段じゃない」という姿勢が明快、

 

後にでてくるメイク用品のサンプルもそうですが、プチプラを否定しないところ。

 

ますます、ついていきたくなります

 

(だって、「リキッドファンではどこのがいいですか」

 

 

「どれでもいいです」

 

あれこれ試してますが、「どれもこれもすばらしい」ですよ!

 

〇ベースメイク、アイメイク、眉、チーク、リップ

 

それぞれの「最もきれいになれる」基本形と、メイクの仕方

 

ビューラーのゴムを新しくして、もっと肘をあげてちゃんとあげる!とか、

 

アイシャドウはブラウンだけでいい、塗るときは指を使って、とか、

 

けっこう細々ちっさいことが書いてあります。

 

アマゾンのレビューを見ると、「手順がよくわからない」とか

 

「均一すぎる」とかいう意見もありましたが、私には十分です。

 

うちの息子は小6で受験勉強してますが、基本のテキストは一番大事です。

 

手順については、youtubeの動画を見たりするよりは、

 

本の方が、私にはかえってよくわかりました。

 

最後ヘアについては、スキンケアやメイクほどは感銘を受けませんでしたが、

 

とりあえず全部この通りにしてみよう!と思える説得感と、

 

「これならできそう!」というやる気がでました。

 

あと、この本のいいところは、

 

「見出しで何が書いてあるのかわかる」ところです。

 

本でもネットでも、「あなたをきれいに見える魔法のチークの秘密」とか、思わせぶりなタイトル、見たら広告で「スキンカラーにあわせて素敵な四色から」とか書いてあると

がっかりしませんか?

 

この本は

 

「アプリコットカラーは何もしてないのに可愛くみえる最高の色」

 

が見出しです。

 

もう、後は化粧品屋に行って自分に似合うアプリコットを探すだけ!

 

 

メイクは日々することで、3か月くらいで腕があがると本にもありました。楽しみです。

 

私はさっそくビューラーのゴムを買い替え、プチプラの化粧品を揃え、練習に励んでます。

 

ブラウンのアイシャドウだけは、自分に合う色がどうしてもよくわからず、

迷った末、すごいおもちゃアイテムをアマゾンで買いました。

 

 

こういうの、欲しかったの!

 

値段も2000円しなかった。

 

アマゾンで売ってます。私は楽しいですが、

 

レビューはよくないので、リンクは控えます。

 

どうも、コスプレイベントとかですごいメークする人たちが、非日常で使うもののようでした。

 

ランキングに参加しました。

誰か見てると思うと嬉しいです。

よければクリックお願いします。

50代ダイエットの友達もできればいいなと思います。


にほんブログ村