ダイエットまだ挫折してません。

でも全然体重変わりません。

 

前にやせてるママ友リサーチで、1)食事の量、2)活動量 について気づいたのですが、もう一個大切なことに気がついたので書きたくなりました。

 

きれいな人とかダイエットの本には「ダイエットは習慣」とか「毎日つみかさね」食べ過ぎたら次の日に調整、とか書いてあって、そういうものかな、と思ってました。

(私はそういうふうにはなれない気がする、、、とも思ってました)

 

そういう人もいるのだと思いますが、

 

身近にはふつーにやせていて、ふつーにきれいで、自分の美とか体型のことばっかり考えてない人の方が多いように思いました。

 

で、ママ友と会ったり、違うママ友とお茶したりしたとき、ふと気づいたのです。

 

それは、「意識の違い」。

 

1)食事と食べ物の人生上の優先順位が高い

 

「食事を楽しむ」

 

「食べることは大事、精神的にも価値がある」

 

こういったことについての、自分の人生の優先順位や重要度が人によって違う。

 

先日カラオケ居酒屋で、子供たちは久々に会ってゲームや動画で盛り上がりましたが

 

うちの息子だけその合間によく食べる。

 

小食ママたちの息子のせいか、息子さんたちもやせてるし、第一遊ぶのに夢中。

 

私はデブですが息子は標準体重。でも、やせではないです。

 

最近成長期でよく食べるので、親に似てデブにならないか心配、

 

「私ダイエットしてるけどなかなかやせないの。

 

息子も心配。こないだみんなで会ったけど、一人でよく食べるのよね」

 

と何気なくいいました。

 

するとママ友は、

 

「もともと食べるのに興味ない人もいるからね」

 

そこで何かがわかりました。

 

みんな生きるために食べるし、好きな食べ物はあると思います。

 

でも、

 

レストランの食べ歩きとか、自分でレシピを研究しまくる、

 

各国料理が大好き、いい素材や調味料を追求する

 

とか、

 

とにかく甘いものでほっとする、ドカ食いが精神安定剤になってる

 

とか、

 

いろんな形の「食べる」があって、いろんな人の「食べること」への心理的な意味がありますが、どんな場合でも、その人の中で「味わうこと」「食べること」の重要性が高いんだと思います。

 

例えば自分の世界を円チャートでわけたら、「食」のパーツが大きいんじゃないかと。

 

そして私はそう。

 

多分、そうじゃない人より食べ物への愛情も感度も依存も、いいこともわるいことも全部大きい。だから食べ過ぎるんだ!

 

でも私は食べることが大好き。

 

ダイエットをちゃんとはじめたのも、そもそもは50歳で人生幸せにしようと決めて、いろいろ自分のやりたいことを考えた時、「食事」は大事な要素の一つでした。

 

私はもっと料理が上手になって、好きな食器にきれいに盛り付けて食べようと思ったし、

いつかはコルドンブルーの教室にも行ってみたいです。(学校じゃなくて、1回のクラスとかでいいけど)

 

食いしん坊のままでいるけれど、どこか修正できないか?

 

2)「食べる」と「やること」をわける

 

ちょうど体重があまり減らなくて、活動量も増やさなきゃと思ってました。

 

息子の友達と居酒屋に行って、「食べたいものを食べない」とか嫌だったけど、

 

それでやせないのもやだなーと思ってたので。

 

で、決めたのは最初の一歩

 

「そこの場所でやること」と、「食べること」が分断できる時はする

 

例えば、

 

「7月の私の誕生日会」に「家族で焼き鳥を食べた」

 

→この時は、私の誕生日に、好きな人が、私の好きな料理のお店に一緒にいってくれた

 

→だから、そこの場所でおいしい焼き鳥を食べることは、一致。

 

でも、

 

「久々に息子の友達とみんなでわいわいやるのに」「居酒屋にいく」

 

→それは、「友達と会う」ために行くので、居酒屋に行って絶対食べたい何かがあるわけじゃない。

 

→ママ友とおしゃべりを楽しむ。みんな小食だから、一緒に枝豆とか豆腐とか食べてればいい。

 

要するに、「いいかげんに食べるのをやめよう」ということです。

 

小学生男子とのお出かけというと、気をつかわないファミレスとかファーストフードが中心になりますが、「適当に選ばない」ことで、食べ過ぎないようにしようと思いました。

 

あとこないだ、小食ママたちは「なんでもいい~適当に頼んで~」とか言うので、

今度は私もやってみようと思います。

 

自分でメニューみたらカロリー高いの頼みそうだから

小食ママと同じものを同じ量食べてればいいんだ!

 

あいかわらずすっごい当たり前で遅いのかもしれないですが、気づいたことを書きました。

 

ダイエットの前、会社員時代から私のランチは外食か好きなものをテイクアウトしてました。

食べるのは楽しみでしたが、本当に食べたいのか、単にクセになってるのか、今日はずっと朝からPCに張り付けで疲れてむなしくなって食欲に転嫁してるんじゃないか、、とか、もっと考えてれば、こんなに太らなかったかも?とちょっと思っています。

 

お昼をすっごく控えたら足りなくてお腹すいちゃって、追加でアボカドを半分いただきました。

 

 

 

ランキングちょっとあがってうれしいです。

自分のがカウントされてるわけじゃないですよね、、、。

まったく参考にならない!と思った人は、殴るつもりでクリックしてください。

 

にほんブログ村