週末にちょっと離れたお店にケーキを取りに行ったり、気合い入れてチキンを焼いたりしたら予想外に疲れてしまい、体力のなさにびっくりしました。

 

昨日も今朝も、なんだか顔もつかれて目も小さく、ブスになってる気がする。

 

でもスニーカーもダウンもあるから、短めだけどウォーキングに行きましたよ。

 

近所だとグダグダになりそうだったので、電車に少し乗り、オフィスビルとかもあるあたりに行きました。

 

今、オサレな街は必ずオフィスビルの周りに植林とかしてるから、住宅街より緑が多かったりして、不思議だと思う。

 

 

こんな素敵な枝を拾った!

 

大事に持って帰ってきたのに、家は乾燥してるからすでにチリチリになりつつある(涙)

 

ここ数日寒いせいか、めずらしく、毛皮のコートを見た人を何人かみかけました。

 

ちょっとクラシックな感じの、フォックスのシルエットが大きいやつとか、黒いミンクのフルレングスとか!

 

着ているのはみんな50代の半ばくらい?のおねえさまたち、みんなばっちりメイクでハイヒール、おしゃれだった。もちろん、ぐるんぐるんのロングヘアだよ。

 

そのへんのマダムの人なのかな?それとも、おつとめされてるのかな?

 

フルレングスの人は、ビル風にミンクをふわふわ波立たせながら、裏が赤いハイヒールでコツコツ歩きながら熱心に歩きパッドしてましたよ。かっこいいけど危ないね!

 

私は89年に新卒で日本の証券系の会社に就職しました。

 

時はバブル、女の先輩たちはみんなボーナスで買ったというすごい毛皮を持っていて、冬のロッカールームでビックリしたのを思い出しました。

 

昔の毛皮は高かったから、処分したり、しまいこんだりするよりは、ずーっと活用するのは私は良いと思います。やっぱり豪華に見えるしね。

 

でも、今は動物愛護の観点から、毛皮はOUTなんだよね、と思いながら、はっと気づきました。

 

それはね、、、、毛皮のコートからは100万光年くらい違う次元なんだけど。

 

週末、ローストチキンを準備してて、やっぱりちょっとあの作業は好きじゃなかったこと。

 

内臓抜いて、中になんかつっこまれて、長時間焼かれるなんて、自分だったらやだなーとかちらっと思ったのです。

 

あと、アペタイザー的なものを少し作ろうかな、と思って、大きめのエビを買ったのですが、料理しようとしたら、まだ生きてたのにも超あせった。

 

私は特に動物愛護派ではなく、肉も魚も食べるし、何かの思想があるわけではありません。

 

ただ、、、怖かったの、以上!

 

もう50歳だけど、こわかったよ!!

 

たまにちょっとだけご馳走作っただけでこんな疲れたのは、殺生した精神的な疲れなのかな、とふと、思いました。

 

でも、焼いたチキンを息子は喜んだし、

 

洗おうと思ってボールにいれたエビがバタバタ動きだして悲鳴をあげたら、息子が来て

 

「おっ!反抗期だね!」

 

と言ったので笑った。(反抗期はあなたでしょう!?なんですが)

 

怖かったとか罪悪感じゃなくて、その、楽しかった思い出を覚えておこうと思いました。

 

美容ともダイエットとも違う話になってしまいましたが!

 

「こわいことがあると疲れて老ける」

 

ことに気付きました。

 

で、リカバリーには、

 

〇疲れて老けたときは念入りにメイクをして、近場ではなく少しだけ足を延ばし緊張感を持った方がいい。

(マスクをすれば、ばっちりするのはアイメイクだけで大丈夫)

 

〇こわかったことでなく、一緒にあった楽しいことに考えをシフトする

 

こんなことを考えました。

 

テクテク歩いて帰宅したら、目の大きさも戻った気がする、、あれ、単に今日は下にもアイライナーを長めにひいたからかなあ

 

 

 

ランキングに参加してます。

毛皮、持ってましたかー。

 

 

 

にほんブログ村